activities
9 days ago
b02d2ac ticket #101 送信キューをポーリングして空きを待つのはエレガントではないので、 ポーリングせずに空きを待つよう改めた。
9 days ago
a6138a8 ticket #101 ST-Linkに結線されているUSARTの送受信を、割り込みで実現した。 なお、USART3のPreemption Priorityを2にしていると、 configLIBRARY_MAX_SYSCALL_INTERRUPT_PRIORITY よりも優先度が高くなり実行時にassertが発火するため、configLIBRARY_MAX_SYSCALL_INTERRUPT_PRIORITY と同値である 5 に修正した。
0251b72 ticket #101 PC-NUCLEO間のUARTを開通させるために、CubeMX上でST-Linkに結線されたUSART3を有効化した。
10 days ago
42f35a0 ticket #98 ヒープを安心して使用できるように、 newlib内のmallocファミリを乗っ取ってFreeRTOSのヒープ操作関数に横流しした。
bf900e6 Doxygen向けコメントにファイル名の誤りがあったため修正した。
10 days ago
11b2eff ticket #90 実行の高速化および通常RAM領域の空き増加を狙って、FreeRTOSタスクのスタックをCCMへ移動した。
10 days ago
9f54031 ticket #99 HAL_NVIC_SetPriority()のassert_param()が発火する、STM32CubeMXあるいはFWライブラリのバグを回避した。
1242584 ticket #95, #97 assert_failed()の中身を実装し、その中身でBKPT命令を発行した。 結果として、HAL_NVIC_SetPriority()内部のassert_param()に違反しブレークすることが確かめられた。
10 days ago
bec5a15 ticket #94 ErrorにしたいWarningを書き連ねるよりも、 すべてのWarningをエラー扱いし、 例外的に一部のWarningをWarningのままとするほうが合理的なので、 そのようにした。
10 days ago
346007f ticket #96 リリースビルドを可能にした。
14 days ago
f89a34a リンク時に各領域の占有率が表示されるようにした。
14 days ago
d1f25de STM32CubeMXの作るMakefileに、 .ld が .elf の依存ファイルに含まれていないバグがあったため、修正した。
17 days ago
6555d8c MPUでスタックオーバフローを検出するときの、メモリの範囲が分かる絵を描いた。
17 days ago
bf1e660 ticket #87 Default_Handlerが呼ばれて困らないように、Handlerをすべて実装した。
18 days ago
d4c1e95 ticket #84 MPUを使ったスタックオーバフロー検出のしくみを実装した。
18 days ago
28b50e2 ticket #86 NT-Shellの ntstdio を使って、SWOへデバッグ出力を出すことに成功した。
0b019eb ticket #86 標準のprintf()やfprintf()はスレッドセーフかどうか怪しいので、Natural Tiny Shellのntstdio_printf()を使おうと思い、 https://cubeatsystems.com/ntshell/download.html の ntshell-v0.3.1.tar.gz をダウンロードし展開した。
fbf515e 正式なライセンスの書き方になるように、自作したソースにThe MIT Licenseの全文を記載した。
19 days ago
31e951d ticket #85 スタックオーバフロー検出のため、 SHA-1: b75f1a4 と同じ修正を nuc-f429-blink-afrtos に対して行った。
19 days ago
bcca325 ticket #85 Amazon FreeRTOSを使ってLEDチカチカができるようになったため、コミットした。
00316ef ticket #85 SVC_Handler, PendSV_Handler, SysTick_Handler はFreeRTOSのソースの中にあるので、CubeMXではそれらを生成しないように設定した。
0566437 ticket #85 前回のコミットでiocのファイル名を変え忘れていたので、ファイル名を変更した。
19 days ago
64ca0b2 ticket #85 Amazon FreeRTOSを組み込むためのCubeMXプロジェクトを新規作成し、GENERATE CODEとEclipseへの取り込みまで済ませた。
19 days ago
104b5bd ticket #85 自己のプログラムから参照して使う準備として、amazon-freertos の tag 202007.00 を、submoduleとした。
22 days ago
b75f1a4 ticket #84 CCMにスタックを配置することで、OSスケジューラ起動前のスタックオーバフロー検出を実装した。
23 days ago
84e8f98 ticket #83 wiki記事を書くために、GPIOをLow Layerドライバ化した。
23 days ago
2fbd217 ticket #82 Indexerがmain.hにあるシンボルを見てくれない問題の対処法が誤っていたため、正しい対処法に直した。
24 days ago
0b4e08f ticket #82 main.hのマクロがIndexerから見えない問題を、 プロジェクト個々にIndexerの吐く結果を保持する?ことで解消した。
25 days ago
bd8fe81 ticket #81 FreeRTOSが動作していることを実機で確認できる例として、 Software TimerでLEDチカチカ動作を実装した。
25 days ago
e8f8007 ticket #81 CubeMX上でGenerate Codeし、Eclipse上でビルド、実機でHardFaultにならないことを確認した。 なお、Indexerの設定の問題?で、main.hで#defineしているマクロがIndexerから見えていないようだ。
25 days ago
999851c ticket #81 CubeMXプロジェクトをFreeRTOSを使うよう修正する全段階として、 修正差分が分かるように、 nuc-f429-blink の名前を変えて別フォルダにコピーした。
26 days ago
f4cd67f ticket #78 STM32の内部PLLの設定に関する記事を書くために、HCLKをデフォルトの16MHzから180MHzに上げた。
on 30 Aug
6d4a99f ticket #80 SWOを使ってprintf()することに成功した。
on 30 Aug
c8824c7 ticket #80 SWOを使ったデバッグを行うために、CubeMX上でSYS-Debugを Trace Asynchronous Sw に直した。
46c9ae0 .mxprojectは版管理の対象にする必要がないので、リポジトリから削除した。
on 30 Aug
7e3fa79 ticket #79 Eclipseの出す警告 symbol foo could not be resolved を解消した。
on 29 Aug
114feec ticket #77 開発環境の記事と、LEDチカチカのプロジェクトが完成した。
on 29 Aug
2cfd6e0 ticket #77 Eclipse上で容易にImportできるように、Eclipseが作ったプロジェクト情報ファイル群をリポジトリ管理下に置いた。
f1f5b56 ビルドの過程でできるファイル群やgvimの作るバックアップファイルなど、版管理が不要なファイル群をgitに無視させるために、.gitignoreを作成した。
c9ceda6 ticket #77 Wikiに開発環境に関する記事を書くために、CubeMXでLEDチカチカのプロジェクトを作成した。