Project

General

Profile

Actions

Redmineをインストールする(ラズパイ編)

基本的には http://blog.redmine.jp/articles/3_2/install/ubuntu/ のとおりにやるのですが、細かな違いがあるので適当にアレンジしています。

日本語のロケールを作ります。

sudo locale-gen ja_JP.UTF-8

apt-get を使っていくつかのパッケージをインストールします。fonts-takao-pgothicはRaspbianでは用意されていないようなので、代わりにfonts-vlgothicにしました。

sudo apt-get install ruby-dev ruby bundler
sudo apt-get install apache2 libapache2-mod-passenger
sudo apt-get install imagemagick libmagick++-dev fonts-vlgothinc
sudo apt-get install subversion

ここまで検証済み、以下は未検証

そのあとは、 http://blog.redmine.jp/articles/3_2/install/ubuntu/

  • PostgreSQLの設定
  • Redmineのインストール
  • Redmineの初期設定と初期データ登録
  • Apacheの設定(ただしLoadModule~は書かない)
  • Apache上のPassengerでRedmineを実行するための設定
    • パターン2: サブディレクトリでRedmineを実行 のほうに従ってください。
  • インストール完了後の初期設定

を行います。

注意点:

  • config/configuration.ymlのdomainは、Dynamic DNSサービスに申込んだときの名前にします。例えばhogehoge.dip.jpのようになります。
  • apache2ctl configtest したときにServerNameを設定しろと怒られた場合は、 http://mk-55.hatenablog.com/entry/2014/07/07/004510 を参考にしてください。
  • ServerNameは$HOSTNAMEでなく、hogehoge.dip.jpのようにします。
  • 添付ファイルとリポジトリのエンコーディング は 全般タブでなくファイルタブにあります。
  • 全般-ホスト名とパス は、hogehoge.dip.jp/redmine にします。

Redmineのおすすめ設定 をする

http://redmine.jp/tech_note/first-step/admin/ の おすすめ設定 に書いてあることをひととおり行います。

Redmineに対するそのほかの設定

ブラウザで見たときのタイトルを変えるために、管理-設定-全般-アプリケーションのタイトル を適当なものに変えます。


Count of this page : 318

Updated by mole lord about 2 years ago · 2 revisions