Project

General

Profile

Actions

TryMinimak

Minimak というのは、Quartyでない、たとえばDvorakなどのキーボードレイアウトの一つです。
Quartyとの差分が小さく、Quartyに慣れた身でも移行が比較的やさしいというのが特徴です。

このページには、WindowsやLinuxでMinimakレイアウトを使うときに必要な作業をまとめています。

ほかにもいろいろなレイアウトが存在しますので、知りたい方は Alternative Keyboard Layouts を見てみてください。

キーボードの写真
キーの手前側に100均の金色シールを貼ってみました。

パスワードを変更する

Windows10は大きなアップデートを適用するとレジストリ内のキーボードレイアウト設定(HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout)が初期化されることがあるようです(私は一度経験があります)。

ログイン不能にならないように、パスワードはQuartyでもMinimakでも同じ文字が打てるキーだけで構成しておくほうが良いです。

将来的にMinimak8まで習得するとすると、パスワードに使用できる英文字は
ABC GHI M Q S UVWXYZ
だけになります。

レイアウトを変更する

Windowsでは、Change Keyというソフトでレジストリを書き換えて、キーボードレイアウトを自由にいじることができます。
レジストリ書き換えは、「Windows上にインストールしたVirtualbox上の仮想マシン」にも効果を及ぼします。
ただし、レジストリ書き換えでレイアウト変更をした場合、そのPCにアカウントを持つほかの人にも影響してしまうので、共用マシンの場合は他人の迷惑にならないようにChange KeyでなくDvorakJなどを使ったほうがよいです。

エディタなどのキーアサインを変更する

vim

MinimakではKが置き換わるので、vi系に慣れた身にはカーソルの移動に支障が出ます。
Linuxではホームディレクトリの.vimrc、
Windows用のvim では、ユーザーのホームディレクトリに_vimrcを作り、そこに

map e k

と書けば、コマンドモードでeを入力したときには下移動として解釈されます。

less

~/.lesskeyに

#command
e   back-line

と書いて保存し、lesskeyコマンドを実行すると~/.lessができます。
以降、lessやmanでeを入力したときに下移動として解釈されます。

今後の課題

  • Linuxにコンソールログインした場合のキーアサインの変更
  • LinuxのX Window System上でのキーアサインの変更


Count of this page : 515

Updated by mole lord 7 months ago · 3 revisions