Project

General

Profile

Actions

UsingAmazonFreeRtos » History » Revision 2

« Previous | Revision 2/4 (diff) | Next »
mole lord, 09/12/2020 11:44 AM


UsingAmazonFreeRtos

FreeRTOSはSTM32CubeMX上で組み込むことができます。しかし、将来Ethernetにつなぐことを考えるとAmazonがgitリポジトリで配布しているFreeRTOSを使うほうが楽そうです。
CubeMXで作るのはピン設定の自動生成だけにして、それとAmazon FreeRTOSを合体させてみます。

ドキュメントのありか

FreeRTOS ドキュメント

CubeMXプロジェクトの設定

SVC_Handler, PendSV_Handler, SysTick_Handlerの重複を避けるために、以下の設定をします。

  • System Core - NVIC の Code Generationタブで、 System Service~ と Pendable Request~ と System tick timer のチェックを外します


累計表示回数:226

Updated by mole lord 7 months ago · 2 revisions